Panasonic リフォーム Club 加盟店です。
快適な住まいと心豊かな暮らしを提案し、材木屋ならではの素材と匠の技術を活かしたリフォームを提供しています。

<< 前のページへ戻る

【工事の流れをご紹介します】耐震補強工事

耐震補強工事の施工手順をご紹介致します。


【工事のきっかけ】
お客様は外壁塗装をお考えでした。
見積提出時に、市の助成金交付の対象の住宅であることがわかり、耐震診断をお勧めしました。
耐震診断の結果を見て、塗装などの相談をしました。
 

◆◇◆ 工事前(調査・診断) ◆◇◆

耐震補強工事は、耐震調査・診断と耐震補強工事の
二つの段階に分かれます。


一級建築士が現場調査に伺います。
現場調査を行い、その調査を基に、耐震診断を行います。
後日、診断結果をご説明いたします。

補強が必要な場合、
出来る限り適切な方法、手順での補強工事を検討します。

画像(395x526)

◆◇◆ 工事中(耐震補強) ◆◇◆

今回は耐震補強壁材を使用しました。
床や天井を壊さずに補強します。

短期間・低コストでの耐震補強が可能です。
内壁だけを取り壊し、厚い合板と金物で補強します。

画像(580x435)・拡大画像(640x480)

A 耐震かべを設置しします。

本棚など周辺の壁や家具を傷つけないよう、
養生もしっかりさせていただきます。

画像(580x435)・拡大画像(640x480)

◆◇◆ 工事後 ◆◇◆

B クロスを貼って完成です。

画像(435x580)・拡大画像(480x640)

 

【Panasonic リフォーム Club の耐震診断】

 【Panasonic リフォーム Club の耐震診断】

国土交通省住宅局建築指導課監修の
【木造住宅の耐震診断と補強方法】に準じ、
基礎の状況、壁の配置・割合、柱の径、老朽度、筋交等を
調べます。

後日、診断結果を一級建築士よりご説明させていただき
補強工事が必要な場合は補強計画と補強方法、
万が一大地震を受けた場合の被災の可能性や
損傷程度についてご説明させていただきます。



  ◇◆◇ 耳より情報!! ◇◆◇

新座市在住のお客様の約7割の方が補助金のみ(自己負担なし)で診断と補強工事をされています。
診断後の助成金の申請は、新座市耐震助成制度利用実績.1の弊社にお任せください。



  ◇◆◇ 耐震診断までの流れ ◇◆◇
 
市の耐震助成対象の住宅の場合、
@認定申請書提出 ⇒ A認定通知書を受け取り ⇒ B契約 ⇒ C耐震診断実施
という流れになります。申請方法についてはお気軽にお問い合わせください。

 


ページのトップへ ページのトップへ

<< 前のページへ戻る

最新情報

お知らせ

人気コンテンツ

コンテンツ

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
PanasonicリフォームClub Panasonic リフォーム Club 加盟店です。
快適な住まいと心豊かな暮らしを提案し、材木屋ならではの素材と匠の技術を活かしたリフォームを提供しています。